つわり中におすすめの食べ物は?

つわりは、特に空腹時に症状が表れてしまいます。
ヘルシーな食材でも調理次第で脂っこくなってしまうので、和食中心の食事を意識して、1食を分けて食べる工夫も大切です。
時には出来合いのお弁当でも良いので、大変なつわり時期を乗り越えていきましょう。

妊娠初期に多くの方が経験する「つわり」。
「食べると気持ちが悪いから食べたくない・・・」と何も口にしないと体は衰弱して体調を壊しやすくなってしまいます。

気持ち悪くても、何か口にしておきたいですよね?
つわりが大変な時、どのような食材を選んで食べているでしょうか?

妊娠前は大丈夫だった食べ物でも、妊娠してつわり期になったら食べられなくなった・・・という場合も結構あるようです。

つわりは、空腹状態が続いてしまうと、血糖値が下がり症状を引き起こしてしまいます。血糖値が下がりすぎるのを防ぐために、少量のお菓子をつまむことは良いみたいです。

例えば、グミや飴、クッキーやアイスも少量であればつわりを回復することも多いよう。

妊娠中は体を温めることが大事なのですが、温かい食べ物と言って脂っこいラーメンや焼き肉では、脂っこい食材になってしまい、体に負担をかけてしまい、つわりを引き起こしやすくなるので、温かくても脂っこい食材はNGです!

つわり症状がひどい場合は、逆に冷たいものの方が食べやすい場合があります。
特にフルーツなどのビタミンCが含まれている食材は、妊娠中に不足しがちな栄養を補給することができるのでおすすめです!骨や血管を作るのに必要なコラーゲン生成やホルモン分泌にも深く関わり、妊娠を安定させる栄養素なのです。

「妊娠中は必要な栄養を摂らないと・・・」と、無理に食べてしまうとつわりを引き起こしてしまい、戻してしまうことも・・・。

妊娠初期のつわり時期は、栄養をしっかり摂りたい時期で、「食べないと!」という気持ちになってしまいますが、1食を分けて食べるなどの工夫をしてみましょう。常に食べているイメージがあるので、食べすぎないようにしましょう。

つわり時におすすめの食材は、納豆や豆腐などの豆類、魚、野菜や果物もおすすめです。
また、栄養補助成分入りのゼリーも良いでしょう。

料理をしていても、つわりでなかなか作れないこともあるかと思います。
手の込んだ料理ではなく、簡単にできるレシピを覚えておくと便利ですね!

また、時には出来合いのお弁当に頼っても良いでしょう!とにかく、無理なく食べることが大切なのです。

意識したいことは、和食中心の食生活にすることです。洋食になると、食材はヘルシーでも調理すると脂っこくなってしまうものが多いので、和食のヘルシーメニューにすると、つわり症状も抑制できます。

野菜も積極的に取り入れたいところですが、食べ過ぎない程度にして、少しずつ取り入れていきつわり時期を乗り越えていきましょうね!

コメントを残す