つわりにはどんな種類があるの?

念願の我が子をお腹に授かって夫婦で喜びに浸る瞬間は人生の最高のひと時ですよね。

愛おしくて宝物のように大切な赤ちゃんの存在と反対に、妊婦さんを悩ませる妊娠中の不調につわりという症状があります。

一言でつわりと言っても女性一人ひとりでその症状やタイプにも様々な種類があると言います。

 

つわりの種類解説します

 

吐きつわり

世間的にもよく知られているタイプの1つに吐きつわりという種類があります。

この症状は飲食をしているかどうかに関わらず、四六時中辛い吐き気に悩まされるという状態を言います。

症状の度合いには個人差がありますが、多くは食べ物の匂いを噛んだり少し食べただけでも吐き気をもよおすことがあると言います。
また重い方になると水を飲んだだけでも嘔吐してしまうため、脱水症状や栄養不足が懸念されることも多いようです。

 

食べつわり

吐きつわりと同じ位に多くの妊婦さんを悩ましているのが食べつわりの症状です。

これは空腹を感じると胸焼けがして吐き気をもよおすために、1日中何か食べ物を口にし続けるという状態をあらわします。

この症状は空腹を感じることで吐き気をもよおしますが、反対に食べ過ぎても気持ち悪くなるとも多いので食べる量には注意が必要です。

 

匂いつわり

cc43c9094f3e86a73b4a192ca4ff9ac3_sそして昔からお米の炊けた匂いを嗅ぐと吐き気を感じるといったように、匂いに敏感になりすぐに反応してしまうタイプ匂いつわりと言います。

この症状は食べ物や飲み物の匂いだけでなくごみなどの悪臭や生活臭など、今までの生活では何でも無かった匂いに敏感になり苦手になってしまうと言います。

 

眠りつわり

そして妊娠と同時に1日のうちの長い時間、常に眠気を感じ続けるタイプを眠りつわりと言います。

このタイプは無性に眠気に襲われると共に、起きている間は常に体がだるく重い感じがあるもの特徴の1つです。

 

つわりにも終わりがあります!

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_sこのようにつわりは多くの場合妊娠16週目位で症状が改善して通常の体調に戻れると言われています。

健康で元気な赤ちゃんを産むためにも、それぞれのタイプに合った対策を見つけることが良い方法ですね。

 

 

 

コメントを残す