不妊治療の費用の相場を教えて!

費用は不妊治療の内容にも異なり、費用の安いものは2万円程度から1番高いものは1回あたり40万円程度、総額は回数を何回したかによります。

検査や薬も保険適用になるものとならないものでまた金額が違いますので事前に確認しましょう。

 

不妊治療最初の検査

不妊治療のまず最初の検査ですが、およそ1万円から2万円前後かかります。

もちろん女性だけでなく男性の精液検査なども追加すればその分増えますので個人差が出てきます。

そして、タイミング法は3千円程度から2万円程度とされていますが、自宅で排卵検査薬を使って通院しないのであれば検査薬代や体温計の購入のみになりますので、5千円程度になるでしょう。病院の場合は追加検査が発生すればその都度プラスになります。

金額的には安いので取り組みやすい半面、成功率はわずか5%程度です。

 

人工受精

人工授精は1回あたり1万円から3万円程度。目安としては4~6回程度行って妊娠しなければ体外受精をすすめます。

成功率は残念ながらタイミング法と同じくらい低いので、行う前に食生活の改善などを指導していきます。

 

体外受精

体外受精は1回あたり30~50万円程度、顕微授精も同じ程度の金額です。

受精卵を凍結保存すると追加で10万かかるなど、費用にはばらつきが出ます。複数回行えば100万円を超えますので、よく話し合ってから治療方針を決めていきましょう。

 

タイミング法

タイミング法だけですぐ妊娠すれば10万円以内でおさまりますが、その次の段階にいけば人工授精を5回行えば15万円程度、体外受精を行えば50万円以上かかる計算になります。

とはいってもあくまでもこれらは概算なので通う病院や治療内容で変わりますので、絶対にこの金額とは限りません。

 

助成金が出るケースもある

人工授精と体外受精に関しては自治体や国が助成金を出すケースもあります。しかし、年齢や所得の制限などがありますので早目に確認する必要があります。万が一これらの助成金をもらえなくても、無金利で費用を貸し出すといったサービスも始まっています。

年齢と共に妊娠の確率は低くなり、それに伴って不妊治療が高額になること、失敗する可能性も高まることを理解していくことが大事ですね。

 

コメントを残す