高齢出産は流産の確率は上がってしまうの?

流産はどんな年齢であっても発生するものではありますが、35歳
で約2割、40歳で約4割、42歳で約半分が流産します。卵子の
老化が原因で染色体異常が増えてしまうためです。

流産せずに産んだとしてもダウン症の子供が産まれてくる可能性が
増えてきます。とはいってもこの確率はそんなに高いものではあり
ません。妊娠10週以降は子宮内感染症、疲労やストレスなども
流産の可能性となります。これに関しては妊婦の健康管理に気を
つけていれば簡単に回避できます。万が一下腹部に痛みを感じたり
するようならばなるべく早く病院に行きましょう。

また増えてくるのが不妊と早産です。どうしても生殖機能が衰えて
くるので妊娠が難しくなってしまうのです。とはいってもうまく
妊娠できた場合はメリットもあります。妊娠すると若返るという
考え方もあります。女性ホルモンが大量に分泌されるので肌のツヤ
がよくなったり、血行がよくなって今まで冷たかった手足が温かく
感じることもあります。マイナス面ばかりがどうしてもピックアッ
プされがちですが、アンチエイジング効果があると考えるのもある
意味前向きでいいのではないでしょう。若い時よりも経済的な面
では余裕があるので流産のリスクさえ乗り越えてしまえば今まで
とは別の楽しみ方を探してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す