高齢出産にはどんなリスクがある?

一般的に女性は35歳を過ぎたら高齢出産と言われています。

高齢出産にはリスクがあるとよく言われますが、具体的にどんなものがあるのか解説いたします。

 

高齢出産のリスクを解説!

 

その1.流産

高齢出産のリスクとして流産が挙げられます。

前妊娠の自然流産率は10%から15%と言われていますが、35歳以上になると約20%とされています。

主な理由としては卵子の老化やそれに伴う胎児の先天性異常が挙げられます。

 

その2.先天性異常

高齢出産で生まれた子供は障害児の確率が高くなる、などと言われていますが35歳以上での出産で先天性異常の発生率が高くなるのは事実です。

とある調査の結果では胎児が先天性異常になる確率は、25歳から29歳の出産で1.88%、35歳から39歳の出産で2.02%、40歳以上の出産では2.38%の確率となっています。

先天性異常の中でも染色体異常(ダウン症)の割合が最も多いです。

 

その3.妊娠高血圧症候群

これは胎児へのリスクではなく母体へのリスクになりますが、35歳以上の高齢出産には妊娠高血圧症候群になるリスクが高まります。

妊娠高血圧症候群とは、むくみや蛋白尿、高血圧などの症状が現れるもので、20代での妊娠の約1.8倍と言われています。
原因としては加齢に伴う内臓機能の低下です。

しかし、しっかりとした体重管理や早期発見、食事や栄養指導を受けることでリスクを低くすることもできます。

 

その4.帝王切開

高齢出産ではどうしても帝王切開が多くなってしまいます。

これは医師が率先して帝王切開を推奨している部分や、緊急時に早めの医療介入を行うためだとも言われています。

自然分娩を望むのであれば、そういった方向性のクリニックを探す必要もあります。

 

高齢だからと言ってあきらめないで!

fa5527f6dfb60e4da3d9ceee1adc4b04_sこれまで高齢出産のリスクについて解説してきましたが、一般的に女性は33歳を過ぎると妊娠力が低下し始めると言われています。

そのため不妊症に悩む方も多く、高齢で授かる事は奇跡とも言われています。

 
ですので、高齢出産は色々不安だから…と妊娠を諦めるのではなく、リスクがあるということをも念頭に置いてライフプランを立てることをオススメします。

コメントを残す