年齢が上がるにつれて妊娠の確率は下がるの?

年齢が上がるにつれて妊娠力は低下し、35歳以上になると高齢出産になり、妊娠力は10~15%と低くなります。若い時から人生計画を立てて、妊娠・出産に伴うリスクや病気があることも把握しておきましょう。

近年、高齢妊娠・高齢出産する女性が増えており、昔に比べて高齢で出産する女性が増えています。

「仕事が充実しているから、妊娠はもう少し後にしたい・・・」
「一人でいる方が楽しい・・・」
「子供を育てるのが面倒・・・自分自身が未熟・・・」

という様な理由で、ついつい結婚・妊娠が遅れてしまう方も多い様です。今では、10人に1人は35歳以上の妊婦さんと言っても過言ではないでしょう。

昔に比べて、食べ物が豊富になり、サプリメントや医療も充実しているので、高齢でも安心して出産できるというイメージが定着してきていますが、実は年齢が上がるにつれて妊娠の確率は下がってしまうのです。

「体は若い時のままを維持できていて、さほど歳を取っていないように感じるから、まだまだ大丈夫!」こう思っていても、卵子の老化は既に始まっていることをご存知でしょうか?

 

卵子は確実に老化していきます

体は健康だから大丈夫だと思っていても、卵子は確実に老化していくのです。目に見えないのでわからないのが落とし穴ですよね!そこで目安として見るのが年齢なのです。

35歳以上は高齢妊娠・高齢出産になってしまい、妊娠できる確率もどんどん下がっていきます。

妊娠力が低下し始めるのは、33歳からだと言われています。健康な方が、排卵日に性行為をして妊娠する確率を見ると、35歳未満は20~25%。35~40歳では10~15%とされています。そして、40歳後半になると4%にまで下がってしまうのです。

Female reproductive system isolated on white background with clipping path

高齢になると妊娠しにくくなるだけではなく、婦人病や生活習慣病、子宮筋腫などの病気も急増しやすくなるので、高齢での妊娠は何かとリスクが大きくなるようです。

若い年代での妊娠は、経済力もないし、安定した生活ができないので、30過ぎてからと考える方が増えています。しかし、周りの家族の協力を得られる生活ができるのであれば、若い年齢での出産を考えた方が良いと言えます。

最近では、高齢出産が当たり前になってきていますが、妊娠しづらくリスクも大きいのが現状です。このことを若いうちから認識しておくことが大切ですね!

多くの女性は、妊娠してから知識を得る場合が多いです。まだまだ先の事でも女性であれば結婚や出産も頭に入れておきたいですね!そして、35歳以上は高齢出産になり、33歳から妊娠力が低下してしまう事も頭に入れておきましょう。

自分が何歳で結婚・出産をするか等を考えることができれば、おのずと人生計画も立てやすくなりますね!子供の人数も考えておくと、逆算して妊娠に最適な時期を把握することができます!

そのためには、自分が健康でなければなりません。日々の生活を大事にしていきましょう!

 

コメントを残す