流産を1度経験すると2度3度と続くものなのでしょうか?

特に体の異常がない健康な妊婦であっても自然妊娠の内、およそ
15%は流産します。この確率や頻度は年齢と共に上がっていき、
35歳を超えると20%、40歳を超えると実に40%という
高確率で流産してしまいます。

不育症の原因

凝固因子異常
血液凝固が発生して胎盤での血栓を引き起こすため、胎児が死亡
してしまう危険があります。

染色体異常
夫婦どちらかのの染色体に対する異常の場合と赤ちゃんの染色体
に対する異常との2パターンあります。赤ちゃんの染色体異常の
確率が圧倒的に高く、初期流産の8割を超えます。

子宮形態異常
先天性異常と後天的な異常と2種類あります。後天的なものとは
筋腫と子宮腔癒着によるものです。子宮形態異常による着床障害
などが原因で起こる胎児と胎盤に対する圧迫が原因で流産が起こ
ります。

内分泌異常
甲状腺異常、糖尿病を発症するとそれに伴って流産のリスクを高め
てしまいます。高血糖になると赤ちゃんの染色体異常が起こるので
それも原因の1つとなっていると思われます。

これらの症状を防ぐためには妊娠する前から十分に医師とカウン
セリングを行い、事前に検査を行うことが重要となります。検査は
主に子宮形態検査と血液検査の2つとなっています。子宮の形の
異常を調べるために造影剤を入れて調べる子宮卵管造影検査、膣
から子宮を観察する経腔超音波検査や子宮鏡検査、場合によっては
断面を撮影するMRI検査を実施することも。検査料は保険適用
されるものと適用外のものがあるので詳しくは窓口で確認してみま
しょう。

コメントを残す