ストレスが原因で流産してしまうこともある!?

ストレスが原因で、流産に発展してしまう場合もあり、「ストレスは万病の元凶」と言われています。

自分なりに、ストレスの発散方法を見つけておき、気分転換リフレッシュを取り入れた生活を心がけていきましょう。

 

ストレスが原因で流産するって本当?

妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんを守ろうと、何かと気持ちがピリピリするものです。
しかし、それが悪影響となり、考えすぎてしまう場合もあります。

数日であれば問題なのですが、深く考え込んでしまいストレスが掛かってしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまうのです。

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s_s

ストレスが原因で流産」も、決して珍しいことではないので、妊娠中はなるべく穏やかな気持ちで過ごすように心がけていき、周りの家族も理解が必要です。

流産は、妊娠初期に最も起こりやすく、その多くは母親側ではなく胎児側に問題があると言われています。
8人に1人の割合で流産が起こっているので、決して他人事とは言えないですよね!

ストレスが原因で流産・・・と聞きますが、明確な原因は分かっておらず、人それぞれストレスの加わり方によっても症状が異なってきます

しかし、「ストレスは万病の元凶」という言葉が東洋医学にあるので、決して油断してはならない事に感じますね!

何が原因かは分かりません。「夫の死」「子供の死」など、突然精神的に急激なストレスが加わってしまうととても危険に感じます。

また、毎日の生活のストレスだけでは、流産になるほど大きなストレスではないと思いますが、蓄積させないような過ごし方を心がけていきましょうね!

 

自分に合ったストレス対策をしていきましょう!

対策としては、リラックスできる音楽を聴くことですが、自分の好きな音楽で良いと思います。また、気分転換も大切です。

5c718547c5eaa402f12e2829aaea53f7_s_s安定期に入ったら、旅行に行くなどして、気分転換やリフレッシュを適度に取り入れた生活をしていきましょう。
妊娠初期は、体をあまり動かさない方が良いので、外出はなるべく控えた方が良いでしょう。

しかし、家の中に引きこもっていてはいけないので、家の周りをゆっくり散歩するなど、体に負担をかけないように、外の空気に触れましょう。

調子が良く、体が動くという場合は、無理のない範囲で掃除をしてみるのも良いものです。モ
ヤモヤした気持ちがスッキリして、家の中もきれいになるので一石二鳥ですね!

ストレスをため込んでしまうと、流産の心配だけではなく、色々な病気の元凶になってしまうので、自分なりにストレス発散法を見つけておきましょう。また、深く考え込まないように、楽観的に考えるようにすることも大切です。

楽しい事を考えてみることや、「笑う」ことも良い方法です!
笑うと自分だけではなく場の雰囲気も明るくなるので、毎日の会話も楽しく感じられますよ!

コメントを残す