流産は男性が原因の場合もあるって本当!?

流産の原因は、赤ちゃん側にあると言われていますが、流産の予防は自分たちにもできることがたくさんあるはずです。

そして、女性だけではなく男性も規則正しい生活や、栄養バランスを意識した生活をして、妊活中の生活を大切にしなければならないのです。

 

流産の原因は?

流産の原因は、ほとんどが赤ちゃん側に問題があると言われています。

女性は、自分を責めてしまいがちですが、決してそんなことはないので、次の妊娠へと気持ちを切り替え、前向きに生活をしていきましょう。

しかし、赤ちゃん側と言っても、何か原因があるはずですよね!

原因の一つに、染色体に異常がある場合や、着床が弱くて流産してしまった・・・という場合もありますが、受精卵の質が弱くて流産してしまうケースもあるようです。

f01402d02beec4cef3a753780d64e2be_s_s不規則な生活や、偏食して栄養が偏っている人、お酒タバコの量が多く、毎日欠かさない生活をしている方は、弱い卵子しか作ることができません。

これでは、例え受精したとしても妊娠できない可能性が高く、妊娠できたとしても流産してしまうケースも多いようです。

「妊娠」は、女性だけではなく男性もきちんと考えなければならないことなのです。

また、きちんと妊娠ができたので、タバコやお酒を飲んでも良いと、妊婦の前でタバコを吸ってしまうと、妊婦や胎児に悪影響となり流産に発展してしまうケースも少なくありません。

妊娠できたのであれば、流産しないようにしっかり守らなければなりません。
男性はせめてタバコを控えた生活をするか、妊婦の前でタバコを吸わない生活を心がけていくことが大切なのです。

 

夫婦で協力して生活を見直していきましょう!

女性は、妊活中から栄養や生活スタイルを改善させることが求められますが、男性は妊活中が一番大切な時期です。
生活スタイルを見直し、栄養バランスの摂れた食事を意識した生活をしていきましょう。

87977a6a59b5abd5f26582cbfe9429da_s_s夫婦で葉酸サプリメントを摂ることも良い方法です。

サプリメントに加えて、生活スタイルや和食中心の食事に切り替えていくことで、妊娠しやすく流産しにくい健全な体へ変わっていきます。

男性の方も、強くて質の良い卵子を作ることができるので、丈夫な受精卵が期待できます。

 

流産は赤ちゃん側に問題がある・・・確かにそうなのですが、それを予防できるのは自分たちの取り組み次第なのです!
健全な体になることで、毎日イキイキした気持ちで生活することもでき、自分たちにとっても良い事ばかりです。

年齢が進むと、妊娠しにくく流産の確率も高くなるので、何度も流産を繰り返さないようにするためにも、自分たち夫婦が健康な体を維持していくことが重要になります。

妊娠しやすく流産しにくい体になるためには、自分たちの日々の生活に掛かっているのですね!
規則正しい生活や、バランスの摂れた食事を意識した生活を心がけていきましょう!

コメントを残す