流産しないためにもコーヒーは控えるべき!?

妊娠中のカフェインは、妊婦にも赤ちゃんにも悪影響と言われていますが、1日1杯~2杯程度であれば問題ないです。

ついつい沢山飲んでしまうという方は、カフェインレスの飲み物を用意して、妊娠生活を乗り越えていくと良いでしょう!

 

コーヒーを飲んでいる女性は多い?

コーヒーを毎日飲んでいる女性は多く、「コーヒーが大好き!」と言う方は、一日何杯も飲んでいる事と思います。

コーヒー好きな女性にとって、妊活や妊娠生活はちょっと大変に感じることでしょう。

自分にとって至福の時間(コーヒータイム)が無くなってしまうとなると、ストレスに感じてしまいます。

 

コーヒーを控えなければいけない原因は?

そもそも、コーヒーはどうして控えなければならないのでしょうか・・・?

コーヒーには、カフェインが含まれており、興奮作用利尿作用があるため、コーヒーを飲むと疲れが取れたような感覚になり、トイレが近くなります。

カフェインは胎盤を通過してしまうので、妊娠中にカフェインを摂取するとそのまま赤ちゃんへ移行してしまうわけです。

妊娠中はカフェインの分解に時間が掛かり、体内に長くとどまります。
赤ちゃんにもカフェインが届きやすくなり、代謝機能もまだまだ未熟なので、赤ちゃんにとって負担になってしまうわけです。

bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s_s

また、カフェインは利尿作用があるので、必要な栄養素も排泄してしまい、妊娠時に必要な鉄分やカルシウムも流しやすく結合させにくい状態になってしまうので、妊娠初期や妊娠後期も控えた方が良いでしょう。

しかし、1日100㎎のカフェイン(コーヒー1杯分)であれば問題ないということなので、1日1杯を至福の時間に当てて、コーヒーを控えた生活を続けていくようにしたいですね!

コーヒーを1日に何杯も飲んでしまい、大量のカフェインを摂取してしまうと、流産や死産のリスクが上昇するという研究結果もあるので、飲み過ぎには十分に注意しましょう!

ほかにも、血管の収縮作用もあるので、どうしてもコーヒーが飲みたいという方はカフェインレスのコーヒーもあるので、そちらがおすすめです。

 

カフェインを含まない飲み物って?

1b4e3c4df32737b1ea43f89bc2c023b8_s_sカフェインレスといっても、厳密には1㎎ほどの量が含まれているようですが、赤ちゃんにも影響はなく、味もほとんど変わらないので、そちらを利用してみると良いでしょう!

カフェインを含まない飲み物は、たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒー・ルイボスティー・麦茶があります。
「1日何杯も飲んでしまう・・・」そんな方には、このようなカフェインレスの飲み物がおすすめです。

妊娠生活は10ヶ月もあり、完母で育てたい方は引き続きカフェインを控えた生活が続きます。
道のりは長いので、1日1杯~2杯程度を目安にティータイムを楽しんでいきましょう。

ついつい飲んでしまう方は、カフェインレスのコーヒーを用意しておいた方がよいですね!

コメントを残す