2回流産すると妊娠しづらくなる?

2回流産を繰り返すと、妊娠しづらくなるイメージがありますが、決してそうではありません。

妊娠することはできているのですから、流産になってしまう原因を詳しく検査してみる必要があります。

 

日々の生活や食事も見直し、流産を予防できる生活を意識していくことも大切です。

 

2回目の流産・・・次は妊娠できる?

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s_s流産を繰り返してしまうと、妊娠しづらくなるのでは・・・?
そんなイメージがあります。

1度の流産でも精神的に大きなダメージを受けてしまうのですが、2回となると流石にトラウマになってしまいますよね。

 

「妊娠はできるのに、どうして流産してしまうの?」と、ひたすらそんなことばかり考えてしまい、自分を責めてしまいます。

もう、赤ちゃんができないのかな・・・と諦めてしまいそうになりますが、諦めるのはまだ早いです!

妊娠できることは、赤ちゃんを育てていくことができる体であるという証拠です!

流産をすれば、妊娠しやすくなると言われています。
しかし、流産の手術や処置で、子宮内に傷がついてしまう場合も珍しくなく、その上に受精卵が着床してしまうと流産の確率がグーンと高くなってしまうのです。このような原因も考えられます。

人によっては、1度流産し、2度目の妊娠で出産することができ、3度目は流産してしまい、4度目の妊娠では出産することができ・・・という方も。

流産をしても、再び妊娠することはできているのですから、流産の原因を詳しく検査されてみた方が良いかもしれませんね!

 

栄養バランスや生活習慣も見直しましょう!

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s_sサプリメントもしっかり摂り、栄養バランスは管理しているつもりでも、日々の生活習慣が乱れているようであれば、流産してしまう可能性も高くなってしまいます。

また、「良いサプリメントを摂っているので、食事は適当で構わない!」こんな方も注意しなければなりません。

サプリメントで栄養は摂れますが、日々の食生活もきちんと管理しないといけません。
高カロリーの食材ではなく、ヘルシーメニューを考えて、体に負担のかからない食べ物を選んで食事しましょうね!

食事や生活も、十分注意して健康的な生活をしている人は、気持ちを明るく前向きにするように心がけていきましょう。
週数が少ない化学流産であれば、心のダメージも小さいままで済みますが、稽留流産は心のダメージが大きいです。

流産手術によるダメージは少ないものの、心のダメージは大きいので、心の回復がしっかりしていないとストレスになってしまい、マイナス思考になりがちです。

そうなってしまっては、妊娠できたとしてもストレスが原因で再び流産に発展してしまう可能性も高くなってしまいます。

流産を繰り返すと妊娠しづらくなることはありません。
流産後、無排卵の時期があっても規則正しい生活をしていれば、必ず体は回復していきます。

そして、「今日より若い日はない」という事を忘れずに、気持ちを切り替えて妊活をスタートさせていきましょう。

コメントを残す