流産後、胎児の染色体異常検査ってした方が良いの?

流産の主な原因として、染色体異常があります。

流産は妊娠途中に胎芽の発生が止まったり、または胎児拍動が停止して胎児が死亡し、受胎産物を体外へ排出される現象です。

妊娠を自覚した後でその15%から20%で流産が起こるとされています。

流産後は染色体異常の検査をした方が良いのでしょうか?

 

高齢女性の場合は受けた方が良いかも!?

これら流産後の受胎産物の6割ほどに、何らかの染色体異常が見つかります。
染色体は受精から発生、そして発達に関係しています。

人の遺伝子は22000個存在し、遺伝子の鎖はコイル状に何重にも巻かれ太くなったものが染色体と呼ばれます。
通常46個に凝縮された染色体は人を構成する細胞すべてに存在します。

これらの染色体の数が多かったり少なかったり、形が変形しているものが異常といわれます。
精子や卵子の段階で異常があると受精卵はトリソミー(染色体の1つが異常になったもの)などになります。

この受精卵から増殖する細胞は異常を受け継ぎ、その個体としてもトリソミーとしての臨床症状を示します。

73f89cb4af995189322469623cd171c7_s

染色体の異常は精子や卵子を作る過程でも起こり、女性の場合は年齢上昇に伴い、異常を持つ卵子の発生頻度が急激に高まります

一方で男性の場合は、年齢の上昇に伴う染色体異常の増加は殆どありません

どのご夫婦にも染色体異常を起こす可能性はありますが、高齢である女性の場合、さらに頻度は高くなるといえます。

 

染色体異常にも種類がある?

上記したように染色体異常にもトリソミーや3倍体・4倍体という種類があります

トリソミーにおける流産は、常染色体(№1から№22)の異常が高い頻度で見られます。
中でも№16の染色体に起こる異常が、流産の原因のおよそ半分を占めます。

3倍体・4倍体は1個の卵子に間違って2つから3つの精子が入ってしまうことで起こります。

流産を経験しても原因が必ずしも染色体の異常とは限りません。

それでも35才から40代の女性の流産率は、34才未満の女性より高くなるのは事実です。

精神的にも肉体的にも辛い経験ですが、流産後に胎児の染色体異常検査を受けて原因をしることも大切なことではないでしょうか。

コメントを残す