妊娠初期の切迫流産!妊娠継続できる!?

妊娠初期に腹痛や出血等があると、切迫流産と診断される事があります。

その流産という響きにもう赤ちゃんが駄目なのかと不安に思ってしまうママは多いですよね。

 

ただ、切迫流産は流産ではなく流産が差し迫っている状態という意味です。

 

病院によって対応は様々

妊娠初期は出血等の症状が出る方は多く見られるようで、私自身子供を妊娠中出血があり切迫流産と診断された事が3度程あります。

ただ、病院によって診断や対応は本当に様々です。

私は1度目は少量の出血でしたがその時に通っていた個人病院は子宮の収縮を抑える薬を出され安静でしたが、2度目の妊娠中の出血の時は総合病院で特に薬も出されず安静の指示もありませんでした。

3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_s

なぜ病院によって対応に大きく差があるのだろうと不思議に思われる方も多いと思いますが、妊娠初期の出血等の切迫流産はこの治療をすれば大丈夫という確かな物がない事に原因があります。

妊娠初期の流産は赤ちゃんの染色体の異常等が原因と考えられていて、大きな障害があったりこのまま育っていく事が困難な為に自然に流産するのだと言われています。

お母さんがどんなに安静にしても薬を飲んでも赤ちゃん自身に問題がある場合には流産を止める事は出来ないと言われています。

もちろんお母さんの側の問題で出血等がある場合はその原因に合わせて安静にしたり薬を飲んだりと治療をする事で流産を予防する事ができます。

病院によって方針が異なるのは初期では子宮や赤ちゃんもとても小さく原因をはっきりと診断するのも難しい為、流産を食い止める為に考えられる限りのできる治療を行う病院がある為と言われています。

 

悩みすぎずストレスをためないようにしましょう

私は流産の経験もありますが、治療をしても流産になってしまいましたし、逆に治療をしなくても無事に出産する事もできました。

どちらタイプの病院が良い病院という事もなく、少しでも何かをしたいという人は後悔しない為に治療をしてくれる病院に行くのも良いと思います。

妊娠中はストレスも良くないと言われていますのであまり深く悩み過ぎずに穏やかに気持ちで過ごせると良いですね。

 

 

コメントを残す