化学流産には何か兆候はあるの?

化学流産妊娠をしかかっている状態の中で流産してしまうもので、超初期なので兆候を感じるのはかなり難しいです。

ただ経験した人の中には普段と違う症状を兆候として感じる人もいます

 

兆校を知ることで化学流産の起きる原因を取り除いていけば次の妊娠へとつなげることも期待出来ます。

近年は高感度な妊娠検査薬もあってこれまではただの生理だと思っていた化学流産も妊娠しかけていたことがわかるようになっています。

 

普段との違いを感じたら?

経験をした人の中には、腹痛や出血に吐き気、頭痛や臭いに敏感になるなどがあります。
腹痛は普段の生理よりも痛みが酷い人が多く、人によってはお腹を抉られるような痛みだったいう意見もあります。

普段とは全く違う激しい痛みだと普通の生理ではないと気が付きます。
腹痛が起きる時期は早い人だと生理予定日1週間前から起きて、その時に腰痛を伴う痛みがある人もいます。

a4b8953caa44ff64dde66a07b785426a_sしかし生理痛の症状の中には腰痛が起きる人も多いので、普通の生理痛だと思って過ごす可能性も高いです。

出血も通常だと割とサラサラとした出血ですが、化学流産後はどろっとした濃い感じの出血が多く、人によっては塊になって出てくることもあります。

この原因は妊娠によって子宮内膜が厚くなって流産して剥がれ落ちてしまい通常の生理のように出てきたためです。

 

つわりの症状もでてくる?

26b23e7cdb406e42aa1593ca11b93030_s吐き気や頭痛、臭いに敏感になるのはつわりの症状ですが、これも個人差があります。

妊娠したら通常はつわりは早くて妊娠4週目から起きると言われていて、化学流産でも妊娠検査薬では反応が出るのでつわりの症状が出てもおかしくはありません。

 

つわりの症状は流産した後は自然に治っていきます。
流産をすると自分の責任として酷く落ち込む人もいますが、流産は元々生きる力がなかった命でもありとくに化学流産は超初期段階で起きます

これを防ぐには難しいですが、赤ちゃんが無事育つように子宮内膜が十分に出来上がっていることが防ぐポイントになります。
子宮内膜が厚くないと留まることがなく流れてしまいます。

コメントを残す