最も流産しやすい時期っていつごろ?

待望の赤ちゃんを妊娠した人は、大きな喜びを実感していますが、元気な赤ちゃんを出産するためには、流産を避ける必要があります。

流産を避けて健康な赤ちゃんを出産するためには、精神的なストレスや疲労を溜めないようにしたり、お腹に衝撃を与えるのは避けるようにしましょう。

流産しやすい時期がいつぐらいなのか、知っておくと予防をしたり、対策を立てることができます。

 

1番流産しやすい時期

1番流産しやすい時期は、妊娠7週目から8週目ぐらいの時期です。

この頃は赤ちゃんの心拍も確認できる時期ですが、赤ちゃんの染色体異常などが原因で、流産を起こしやすくなっています。

 

流産のリスクはいつもある!?

先天性の染色体異常などを防ぐためには、妊娠する前から胎児の成長に欠かせない葉酸を摂取すると良いでしょう。
葉酸を摂取すると、受精卵がしっかりと子宮に着床しやすくなるので、健康な赤ちゃんを育てる働きがあります。

妊娠する前には妊活専用の葉酸サプリがおすすめです!なぜかと言いますと、妊娠前に必要な栄養素が適切に配合されていますからね。

妊活専用の葉酸サプリはこちら

 

2番目に妊娠しやすい時期

2番目に流産しやすい時期は、妊娠4週目から6週目ぐらいの時期です。

この頃は、月経が止まったり、悪阻などが見られるため、妊娠に気付きやすい時期ですが、出血量が増えてくるとおかしいと感じることが多いです。

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s妊娠4週目から6週目ぐらいの時期は、出血量が多くても、腹痛を伴わずに流産してしまうケースがほとんどです。
流産しやすい時期はいつか知りたい人が多いですが、妊娠10週目から12週目も流産がしやすい傾向があります。

 

この時期は胎児の心音がしっかりと確認できるので、油断しやすい時期ですが、流産をしてしまうと外科手術が必要になることがほとんどで、心身共にダメージを受けやすくなっています。

 

自分一人の体ではありません!

普段の生活では、

  • 保温性の高い衣類や下着類を身に付ける
  • 下半身を冷やさないようする
  • 重い荷物などを持たないようにする

など意識して気をつけることが大切です。

 

待望の赤ちゃんを妊娠したのに、流産をしてしまうと精神的なダメージがかなり大きいものです。

 

流産を予防するためにも、もし流産してしまった場合でも、次に赤ちゃんが授かれるように、葉酸サプリメントを服用したり、栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。

 

コメントを残す