流産の手術後って痛みはあるの?

意図せず妊娠してしまった場合、病気などが見つかって仕方なくなど、何らかの理由で中絶手術を選択することがあるでしょう。

いわば流産の手術ですが、手術後の痛みはあるのでしょうか。

 

母体への負担もかなりキツイ

もちろんないわけがありません。
流産の手術といっても2種類に分かれます。

 

妊娠初期の場合

掻爬法といってスプーンのような器具を使って胎児を掻き出す方法か、吸引法といって胎児を掃除機のようなもので吸引する方法、このどちらかで行われます。

b717e82727209ceb4dece219273e5549_s
初期の手術であれば通常日帰りで行われますが、もちろん全身麻酔が必要となります。
そのため手術前は6、7時間は飲食禁止など制約があります。

麻酔をしているので痛くはないですし、意識もありません。ただ、麻酔が切れた後にはそれなりの痛みを伴います
お腹の赤ちゃんをスプーンで無理やり掻き出したり、掃除機のようなもので吸引するのですから、母体もそれなりに傷付くからです。

手術後1週間から10日ほどは生理のような出血があり、痛みを伴うことが多いようですが、それ以降は出血も痛みもなくなるようです。

ただ、10日を過ぎても出血が止まらない、痛みを伴うという場合、何らかの合併症などの恐れがあるので、手術をした産婦人科を受診しましょう。

 

妊娠中期の場合

妊娠中期の中絶手術はまた異なります。
人工的に陣痛を誘発させて死産をさせる形をとります。

3ab47e63edce96fcb2a4655d476b4ad0_s

出産と同じ形態を取るので母体にかなりの負担がかかります。
そのため日帰りとはいかず、2、3日間の入院を要することがほとんどです。

無理やり出産する形をとるので通常は麻酔は使いませんが、病院によっては全身麻酔で行えるところもあるので、痛みが気になる方は探してみるといいでしょう。

産後の痛みに関しては、出産と同じですので腰痛や足のむくみ、子宮自体の痛みなど肉体的な辛さはもちろん、堕胎してしまったという精神的な辛さも伴います。

特に中期以降の中絶は死産という形を取るため、役所に死産届けを出して埋葬をするなどの諸手続きも必要となるので、注意が必要です。

コメントを残す