流産後に微熱が続くことはある?

流産後、「微熱が続き、体が重くだるい・・・」という症状が出る方も多いようです。「1~2日で治るのでは?」と様子を見たけれど、高温のままなので病院へ受診される方も。

流産後は、ホルモンバランスが乱れているという事もあり、更年期障害の様な症状が出ることがあります。また、流産後の精神的な動揺・ストレスなどによっても、体調に影響が出やすいです。

体調の変化は人それぞれですが、妊娠・流産は母体に負担をかけてしまいます。次の妊娠を考えている方は、焦らずに数回生理を見送り、ゆったりとした時間を過ごし心の回復もさせましょうね!


37℃前後であれば問題ないのですが、熱が38℃を超える場合は病院へ受診しましょう。
お腹が痛い場合なども病院へ行くべきです。

 

傷を治すために熱がでる

通常の流産手術は、子宮に傷が残ってしまう場合があります。

そのような場合、傷を治すために熱が出るので大きな心配はいりません。

流産後に、病院の先生から症状や経過についてお話があると思います。

その症状と大きく違うようであれば、すぐに病院へ行きましょう。

人によっては、熱が出ることなく通常の生活ができる方もいます。自分の体調や、受ける病院によっても経過は大きく異なります。

自分が信頼できる病院を受診して、流産後は体を大事にし、ゆったりとした時間を過ごして回復を待ちましょう。

 

流産後の妊活はあせらず待つ!

一般的には生理が2~3回くるまでは、次の妊娠は控えた方が良いと言われています。

ただし、あせりは禁物です。

母体の機能がきちんと回復し、傷も完治してから、次の妊娠計画や妊活をスタートさせていきましょう。

流産後の生理は、無排卵であることが多いです。

基礎体温票をチェックしても、綺麗なグラフになりません。数回の生理を見送ることでホルモンバランスが安定し基礎体温のメリハリも付くようになり排卵日を特定することができるようになります。

「早く子供が欲しい!」

というママの気持ちが大きいと、何かと焦ってしまいイライラしてしまいます。

体調の回復が遅いとなおさらイライラしてしまいますが、妊娠は一人ではできません。

妊娠生活や産後も、一人で何でもできるものではなく、夫や周りの家族に支えられて生活できるものなので、焦る気持ちを抑えて、まずは体をゆっくり休ませてあげましょう。

 

しっかりとした休養と葉酸サプリが次の妊活への第一歩♪

休むべきときに休まないと、回復はどんどん遅れてしまい、その分妊娠も遅れてしまいます。

流産後の微熱は、ホルモンバランスの影響なので深く考えすぎず、美味しいものをたくさん食べて体を休ませてあげましょうね!

そして、しっかりと休養をとって、心と体が正常に戻ってから妊活を再開しましょう!

流産しにくい生活を心がけていきましょう!

妊活を再開する時にも葉酸サプリは必須です。

葉酸サプリには、流産を予防する効果も期待できますし、妊娠後の胎児に問題があるリスクを軽減する効果が期待できます。

そのため、流産後の妊活時にも必ず葉酸サプリを飲むように心がけて下さい!

 

 

関連記事

流産後すぐ妊娠しても大丈夫?どのぐらい間を空ければ良いの?

流産後に不妊になってしまうことってあるの?

流産後の不妊治療はいつから再開して良いの?

流産後イライラが止まりません!イライラの原因は!?

流産後に次の妊娠を考える場合は検査が必要なの?

 

コメントを残す