流産後に足の付け根が痛い!大丈夫?

足の付け根の痛みは子宮の収縮によるものです。

妊娠初期に子宮が大きくなるときにも似たような痛みが発生します。

子宮の大きさの変化でそれを支える靭帯が伸びたり、縮んだりするため痛みが発生しますね。

また違う原因のこともあります。

 

なぜ痛みが出てくるの?

まず、妊娠することで子宮が大きくなります。
そして流産した後には子宮収縮剤で逆に子宮を小さくします。

こういった大きくなったり、小さくなったりという子宮の大きさの変化が痛みの原因です。

子宮を支える靭帯もこの収縮の影響を受けやすいです。

一時的なものではありますが、ひきつったり、痙攣したように感じることがあります。
しばらく休憩をとってゆっくり休めば心配はいりません。

ただし、いつも子宮の収縮が原因とは限りません。別の原因をあげてみます。

 

卵巣の腫れや排卵痛

卵巣が腫れたり、排卵した時にチクチクした痛みが発生することも。

妊娠による一時的なものでしたらいいのですが、子宮内膜症を発症していて卵巣チョコレート嚢胞となると生理がくるたびに痛みが発生したりして長期間続くこともあります。

この場合は薬物療法などが必要になりますので、痛みが続くようでしたら検査してみましょう。

 

骨盤内のうっ血

子宮の収縮があると骨盤内の静脈がうっ血して、リンパの流れが悪くなるために痛みが出ることがあります。

温めてマッサージすることである程度は改善します。

 

リラキシンによるもの

妊娠したときにリラキシンというホルモンが出ると骨盤の周辺の筋肉や靭帯を緩めてしまうので、骨盤が歪んでしまい、痛みを感じることがあります。

 

股関節の異常

股関節がすり減ったり、骨の変形があって痛みが発生している場合もあります。

関節に異常がある場合は整形外科で対応してもらいましょう。

 

痛みが消えない場合は受診して見ましょう

足の付け根の痛みは妊娠や流産に伴うホルモンバランスの変化だけでなく、血液やリンパの流れが悪くなったり、股関節の痛みが原因のこともあります。

一時的に痛みがある場合はさほど心配しなくてもかまいませんが、いつまでも痛みが消えないようでしたら整形外科か婦人科で検査してもらうのがおすすめです。

特に子宮や卵巣の病気が潜んでいる場合は放置すると悪化してしまいますので、痛みが強かったり、出血が多い場合はすぐに病院にいきましょう。

 

関連記事

流産後に妊活を再開するベストタイミングは?

流産後イライラが止まりません!イライラの原因!?

流産の手術をした場合は保険は適用される?

 

コメントを残す