自然流産後の妊活はいつからはじめて良いの?

残念なことに、お腹の中で赤ちゃんが育たなく、流産を経験した方も多いと思います。

流産は、妊娠15週までの妊娠初期に起こりやすく、全体の10%~15%の確率で起こると言われています。

 

妊娠初期の流産は、あまり母体にダメージを受けないので、次の妊娠もすぐに計画することができますが、赤ちゃんがお腹の中で突然死んでしまう稽留流産の場合は、赤ちゃんを取り出さないといけません。この場合、病院の処置を施し取り出す場合と、自然に降りてくるのを待つ自然流産になる場合があります。

 

自然流産の方が子宮に負担が掛からず、次の妊娠も1回~2回の生理後に計画することができます。

 

自然流産の方が良い?

病院の処置になる場合は、子宮に傷がついてしまう恐れがあるので、傷がある個所に着床してしまうと流産になる可能性が高いので、行うのであれば自然流産の方が良いと思います。

しかし、いつまでも命を失った赤ちゃんがお腹にいるとなると、とても悲しいですよね!すぐにでも取り出して、気持ちを整理したいと思う方も多いようです。

流産後は、子宮にダメージが掛からないといっても、ホルモンバランスが安定しないので、基礎体温が安定しない方も多いようです。基礎体温票を毎日付けていくと、きれいなグラフになり、自分の基礎体温や生理の周期、排卵日を特定することができます。

流産後、生理を繰り返していくたびに基礎体温は安定していき、きれいなグラフになっていくので、基礎体温が低く排卵日が特定できない場合は、1回~2回の生理ではなく半年という長いスパンで計画を立ててみると良いと思います。

自分の体調も回復し、気持ちも整理することができるので、次の妊娠のための妊活も計画的にできると思います。

 

流産の原因は色々

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s流産になってしまう原因は色々あります。その原因が、栄養不足・不規則な生活であることも考えられるので、自分の生活や食事などを見直して改善させていくことも課題になります。

流産後の妊娠は、自分の体調がしっかり戻ってからにしましょう!

せめて生理は2回終えた方が良いでしょう。

自分の体は自分でわかる!と思っていても、子宮の状態はわかるものではないので、産婦人科で診てもらい、先生の判断を仰いでもらった方が安心です。確実に妊娠して出産するためにも、妊活中の生活をきちんと改善させ、妊娠しやすく流産しにくい体にしていきましょう!

毎日の食生活だけでも大きく変化していきますが、食事に加えて、サプリメントも愛用すると栄養管理がしやすくなり、自分にかかる負担やストレスも軽減されて気持ちを楽に持つことができますね!

 

コメントを残す