流産後の夫婦生活はいつから再開していいの?

流産後の体力回復は大変個人差があります。また医師によっても意見が異なるようです。
基本的には生理を1〜2回程度見送ってからとされていますが、人によってはもっと期間を置く場合もあります。

検査をして、問題がないかチェックしてください。

 

体の回復を最優先に!

流産しても特に何も疾患がなければ生理はすぐ来るという方が多いです。

しかし、表面は回復しているように見えてもまだ基礎体温が安定していなかったり、子宮内膜の状態が完全ではないことも。
そのため、生理が来たイコールすぐ妊娠に向いているというわけではありません

慌ててすぐ次の妊娠をしてしまうと、子宮が回復していない状態のためまた流産を繰り返してしまうこともあります。
ここは焦らずに医師の指示を守り、数回生理を見送るのが安全です。

子宮内環境をよくするために葉酸をはじめとした栄養をしっかりとって次の妊娠に備えましょう。

また避妊をすれば夫婦生活を再開してもオーケーという意見もありますが、これも女性の体の状態次第です。
流産後に病院で検査して、問題なければ許可が出ることもありますが、心配な方は生理を1回は見送ってからとした方がいいかもしれません。

夫婦で話しあって夫婦生活の再開時期を決めていくのがベストです。

 

流産後は感染症を起こす場合もあります

流産直後に心配なのは感染症です。
そのため、最低でも1回は生理を見送ってからと言われるようですね。

手術後は女性は湯船につかるのも1週間は禁止という状態です。
そのため子宮の状態が戻るのを少し待ってあげるのが一番安全ではないでしょうか。

流産の手術のあとには一応抗生剤を出されて感染症予防をしますが、まれに腹膜炎になることもあります。
吐き気や嘔吐、痛み、発熱などが発生した場合はすぐに病院で処置を受けましょう。
最低でも3日程度は安静が必要です。

 

流産後に気をつけるべきことは?

流産した後に気を付けるべきことは単純に体の安静だけではなく、心の状態をケアしていくことです。

その人の性格にもよりますが、どんな方でも多少なりは落ち込んだり、憂鬱になったりすることがあります。
流産後に何も手につかないという状態が続くようでしたらまずはカウンセリングを受けてみましょう。

次の妊娠を考えるのはまだ早い状態です。
焦らずにのんびりと心と体の回復を待ちたいですね。

コメントを残す