流産のリスクを低くする方法ってある?

妊娠がわかった時、誰しもが無事に赤ちゃんが生まれてくると思っています。

しかし、女性の多くは、妊娠初期の段階で流産してしまう可能性があることを忘れてはいけません。

妊娠初期の流産は、化学流産と呼ばれ、精子と卵子が受精したものの成長することができなかった時にそう呼ばれます。

妊娠検査薬で陽性と出ても、実際は胎嚢が確認されない場合に化学流産の可能性があるのです。

 

流産の確率を下げる3つの方法って!?

化学流産の場合、母体の自覚がないまま流れていってしまうことがあり、気付かないという人も多いと言われています。
原因として考えられるのは、胎児の染色体異常と言われていますが、実際はよくわかっていません。

また流産は胎嚢が確認された後でも起こりえます。
その為、妊娠がわかったら流産のリスクを低くしていかなくてはいけません。
低くする方法としては、大きく3つ挙げられます。

 

1.喫煙をしない

1つ目は、喫煙をしないこと。

7d43a0ada1c2f41f48fbdcd8424ba7c1_s

妊娠がわかってもタバコがやめられないという妊婦さんは実に多いのです。
しかし、喫煙は流産のリスクを上げてしまいますし、家族の喫煙によってもそのリスクは高まります。

妊娠がわかったら、家族全員が禁煙をすることはとても大切なのことです。

 

無理なダイエットをしない

2つ目は、無理な食事制限やダイエットをしないことです。

初めての妊娠の場合、母体である女性の体はどんどん変化していきます。
その変化に気持ちが追い付かず、美への追及を続けてしまう女性も多くいるようです。

無理な食事制限やダイエットは、母体だけではなく胎児にまで影響が出てしまうので、絶対にやめましょう。

 

過食しすぎない

3つ目は、過食しすぎないこと。

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

ダイエットはダメと書きましたが、その反対に胎児の為にと食事をたくさん食べてしまう女性も多く、栄養過多になりやすいのです。

妊娠中の体重増加はコントロールしなくてはいけません。

塩分や糖分を摂り過ぎることで、中毒症になってしまう可能性もあるので、十分に気を付けてください。

 

流産のリスクを低くするためには、母体である女性が妊娠をしているという意識をしっかり持つことが大切です。

コメントを残す