妊活中はスパッと禁煙・断酒!

妊活の早い段階から禁煙・断酒を実行することで、ママの健康を万全にすることができ、妊娠しやすい体へ導いてくれるのです。
また、経済的な生活に切り替えていくこともできるようになるので、妊娠準備もしっかりできます。

喫煙や飲酒は、赤ちゃんの発育に影響を与えると言われているので、妊娠中は禁煙・断酒をする方が殆どです。

「妊娠中だけ我慢すれば良い!」と思っている方も多いようですが、実は、妊活中からスパッと禁煙・断酒をしていた方が、妊娠しやすい体に近づき、流産もしにくいのです!

煙草やお酒が当たり前の生活をしていた方にとっては、「スパッとなんて・・・」と思う事でしょう。しかし、実際に止めてみると案外慣れるものです。

最初はストレスに感じてしまう事が多いかもしれませんが、子供を作りたい気持ちが勝ると乗り越えられることができます。また、健康的な体を維持することができ、これからできる赤ちゃんにとっても、良い環境を作ることができるのです。

女性は、妊活中から授乳期を終えるまで、煙草やお酒と離れた生活をすると思います。人によって期間は異なりますが、2年程は禁煙・断酒の生活が続きます。卒乳の時期が遅いと、3年近くになりますね。

また次の子供を考えているのであれば、引き続き禁煙・断酒の生活が続くわけですから、4年~5年程、煙草やお酒と無縁の生活になります。

これは、自分の健康状態を安定させる事に繋がるので、子供のおかげで健康を維持できていると言っても過言ではありません。

慣れてくれば、煙草やお酒がない生活でも、十分楽しい生活を送ることができるので、お酒は授乳を終えればOKなのですが、煙草はしっかり止めた方が良いでしょう!

ママが煙草やお酒と無縁の生活をすることで、子供たちも健康で悪影響を受けにくい生活をすることができます。

体調を崩しにくく、老化の進行も遅らせることができるので、ぜひ固い決心でスタートしていきましょう!

妊活中から始めることで、ママの体を万全な状態へ近づけてくれます。妊娠していることに気が付いてからでも遅くはないのですが、できるだけ早い段階で禁煙・断酒を実行することが大切ですね。

スパッと止めてしまうと、依存症状が出てしまう場合があります。第一関門は、そこを上手く乗り越えられるかが鍵になりそうです。

そこで、強く思いたいことは、「赤ちゃんのために止めると誓った!」という気持ちを思い出すことです。

簡単な様で難しい事ですが、止めることにより、経済的な生活をすることが出来ると思います。お酒や煙草は結構価格が高いものなので、ストップさせると自分の健康維持や妊娠準備の方の資金に少しでも回すことができますね!

煙草やお酒は、妊活中の早い段階からストップさせ、健康を意識した生活を維持することが求められるのです。

コメントを残す