妊活中の女性が気をつけるべき食材とは?

妊活中の女性は、毎日の食事に気を使っていると思います。妊娠中だけではなく、妊活中から注意したい食材もあることをご存知でしょうか?

栄養を取り入れていればOKと言うわけではないので、妊活中でも、毎日の食事には十分注意をしていきたい時期ですよね!

 

生の食材には注意!

6678abfebe5fb3ec7801a573853460b8_s葉酸はもちろんの事、栄養のある食材を取り入れていきたいのですが、注意したいのが「生の食材」です。

例えば、レバーなどの生肉、ナチュラルチーズ、刺身、マグロなどの生魚など火を通していない食材は特に注意しなければなりません。加熱処理をしていないと、食中毒になる可能性も高いので、できるだけ火を通す調理法を意識して食べるようにしましょう。

カフェインも注意が必要?

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

食べ物だけではなく、飲み物でも注意しなければならないものがあります。カフェインが含まれている飲み物は避けたいですね!コーヒー、紅茶、日本茶、ウーロン茶などの飲み物にはカフェインが含まれていますが、1日1杯程度であれば問題ないようです。

ココアにもカフェインが含まれているのですが、ごく少量なので、こちらは飲み過ぎなければ普通に飲んでも大丈夫です。

栄養バランスが大切

b135f2414a2a1b3034732100c60c8454_s

妊活中だと、食材に特に注意していない時期かもしれませんが、妊娠希望であればなおさら注意しておくべきです。サプリメントも愛用しているかもしれませんが、食事面も注意して栄養バランスを考えながら食べるようにしたいですね。

「菌」は目に見えないのでとても怖いものです。妊娠中だと、赤ちゃんにそのまま影響が出てしまうので、食材はなるべく加熱処理をしたものを選んで食べた方が安全ですね。

たまに、お刺身などの食材が食べたくなりますが、食べ過ぎない程度であれば問題ないです。心配な方は、さっとお湯をくぐらせただけでも良いでしょう!同じ食事では飽きってしまうので、工夫をしながら食べることも大切です。

魚は、サンマ・カツオ・アジなどの青魚を選んで調理しましょう。青魚はDHAやEPAが豊富に含まれています。しかし、食べ過ぎはいけません。

ウナギも、妊娠中はお勧めしない食材と言われていますが、食べ過ぎなければ大丈夫なのです。レチノールという成分が含まれていて、食べ過ぎることで過剰摂取されてしまい、胎児の先天性異常の発症が高まると言われています。どの食材も食べ過ぎは良くないのですね!

その他にも、麺類や丼物も栄養バランスが崩れやすいです。つい食べ過ぎてしまうなど、気分を損ねてしまう原因になりやすいので、生の食材ももちろんの事、注意して食事をしましょうね。

 

コメントを残す